日本福音教会連合

   千葉大宮キリスト教会
          
ようこそ
千葉大宮キリスト教会へ

 ご案内役は矢澤新一郎牧師です。

 礼拝  案内略図   本日のみことば    牧師の紹介  庭の花々

  
憲法談話室   日本福音教会連合  日本福音連盟  
  九条の会

 市民意見広告運動   憲法9条にノーベル平和賞を   憲法談話室

 日本と世界の平和を求めて    
千葉九条の会   キリスト者平和ネット

 戦争をさせない1000人委員会 FB千葉大宮キリスト教会 問い合わせ

    千葉大宮キリスト教会の住所は下記の通りです。
      千葉市若葉区大宮町2880-69
(住所の青い文字をクリックすると千葉大宮キリスト教会を 中心とした地域の地図をご覧になれます。
 電話番号は043-263-5330(FAX兼用)です。

 
場所は千葉市大宮町にある京葉銀行大宮グランドの近くで す。詳細は下記の案内略図をご覧下さい。

       <千葉駅からバス乗車の場合は>

千葉駅の東口の左側のバスターミナル1番ポールから北大宮台経由大宮団地バス行きに乗車して、新大宮で下車して下さい。同じ1番ポールから他の所を経由する大宮団地行きが2本ありますが、それは新大宮へ来ませんので必ず北大宮経由にお乗り下さい。
・平日は千葉駅発9時00分・9時25分、9時55分。
・土曜・日曜は千葉駅発9時00分と9時30分が便利です
     10時台 10時00分と10時30分
     11時台 11時00分と11時30分
     12時台 12時00分と12時30分
     13時台 13時00分と13時30分
     14時台 14時00分と14時30分
・新大宮発千葉駅行き
     16時台 16時29分と16時59分
     17時台 17時29分と17時59分 
 千葉駅からは17分で
新大宮へ着きます。
 新大宮で下車して下さい。下車後は上記の略の図の矢印通 りに歩いて頂きますと5分程で着きます。

          
<お車の場合は>
 千葉駅方面から126号線を坂月方面へ走行、坂月の交差点に至る手前に坂月橋と福寿草(デイサービス施設)がありますので、次の信号を右折、そして道なりに進み、最初の信号を右折します。次のT字路を左折しますと園に突き当たります。そして公園前を右折しますと、すぐ小さな交差点と十字路がありますがそのまま上の突き当たりで進んで下さい突き当たりを左折しますと角から5軒目です。
     
<お車で大宮台7丁目から入る場合は>
 七丁目の信号のあるT字路の上り坂を上がります。上がり切りますと下り坂になりますので下がったところにあります三叉路を直進して下さい。すると右側が京葉銀行の大宮グランドの高い石垣・壁になります。その壁を右に見て数十メートル走りますと壁がなくなって変則T字路に突き当たります。そのT字路を左折して下さい。すると数十メートル走った左側にクリーニング店がありますので、そのT字路を右折して下さい。そして一つ目の十字路を左折し、すぐのところに十字路がありますので、それを右折して6軒目です。目の前は小高い畑地になっています。


















































     礼拝へのご案内
 
      和平の務めを果たそう
                      矢澤新一郎
 日本国憲法は9条において国際紛争を解決する手段としての戦争と武力を永久に放棄している。また、国の交戦権を認めていない。しかし、今国会では集団的自衛権についてのかまびすしい論議が交わされ、集団自衛権の容認という解釈のみによる壊憲が行われようとしている。壊憲と書いたが、この集団的自衛権の容認は憲法第九条を全く踏みにじるものである。何故なら九条において国際紛争を解決する手段としての戦争と武力を永久に放棄した日本国民が再び武力をもって他国の軍隊と交戦し他国の人々を殺す或いは殺される国になるからである。
 小生は昭和十六年二月生まれであるが、この年の十二月日本は真珠湾攻撃によって第二次世界大戦に突入した。その結果は昭和二十年八月十五日の敗戦であった。この戦争による日本の犠牲者は三百万人。侵略先のアジアでは二千万人。世界中では八千万人の犠牲者がでた。十戒に、殺してはならない。とある。また、主イエスは剣を持つもの剣で滅びると言われた。日本のわたしたちはこの第二次世界大戦・武力行使で滅びたのだ。
 この滅びから立ち上がるとき、わたしたちが世界に高く掲げたのが武力と戦争を放棄した憲法第九条であった。同胞を再び戦場に送るな!が全国民の合い言葉であった。ああ、それなのに、今の日本の指導者達は安全保障の名のもとに再び同胞を戦場に送ろうとしている。過去の他国への軍隊派遣が同じ安全保障という名目であったことを知りながら。
 憲法は国家権力の乱用を防ぎ、国民の人格権(命・魂)を保証することが目的である。だから今回内閣が集団的自衛権の容認をごり押しして壊憲したら日本の政治は立憲政治ではなくなる。また個人の自由と人格権(命・魂)が圧殺される時代がやってくる。主イエスは「父よ、彼らをゆるしたまえ」と十字架の死において神と人人と人とが和解して生きる世界を開いて下さった。本当にこの人は神の子であった。と告白したローマの百人隊長が最良の証左である。壊憲ノーを叫び和解の務めを果たしてゆこうではありませんか。
     
 この記事は昨年の7月1日、安倍政権が集団的自衛権の解釈改憲の容認を閣議決定したことについて書いた記事である。この記事は日本福音教会連合の2014年7月6日に発行された機関誌「生ける水」295号に掲載された。今、国会では安保法制法案が論議されている。改めてこのホームページに掲載し読者のみなさんと共通理解を図り、共に安保法制法案の廃案に向けたとりくみをに尽力してゆきたいと願うものです。
              2015年5月23日記


     

              行って同じようにしなさい

                  矢澤新一郎
 安保法案が強行採決されてしまった。誰の責任か。責任は安倍政権と与党並びに彼らを選んで政権の座につけてしまった私たちの責任である。この法案は安保法案いう名称であるが中身は明らかに戦争法案である。だから今日の自衛隊は米国の敵国へ出掛けて行って殺し殺される軍隊となった。軍隊の目的と使命は敵を攻撃することにある。だから、私たち国民は適地に軍隊を送り出して殺し殺される国民となった。
  日本から敵視された国々も黙ってはいない。中国や北朝鮮との関係は悪くなるばかりである。また、国内においても政権を批判し異論を唱える人々にも70年前ホーリネスに加えられた弾圧と同じように、私たちにも思想と言論の自由に対する迫害が加えられることになるであろう。その意味で今日のライフラインの放送伝道は平和の証しであると言える。 
  主イエスは「剣を持つ者は剣によって滅びる。」と言われた。だから憲法9条には主イエスの御心が遺憾なく反映されている。ところが、安倍政権は姑息にも閣議決定によって憲法違反の大罪を犯して私たちの国を福祉を犠牲にした軍国主義国家としてしまった。こともあろうに、どさくさにまぎれて経団連が「日本は武器輸出を大いにやるべきだ」という提言をした。これは正に人を殺し殺される戦争を巨大マーケットとし、ほくそ笑んでいる死の商人達の戯言である。
  ところで、70年前、私たちは再び子どもたちを戦場に送らないと誓った。しかし、安倍政権はこの誓いを破り、子ども達を再び戦場に送る国にしてしまった。これからは、今、中学生、高校生、大学生の若者達が戦場に送られることになる。徴兵制について安倍政権は憲法に保障されている苦役に当たるから導入されることはないと言った。しかし、憲法9条の解釈改憲を平気でごり押しをした政権である。改憲されることは目に見えている。現により貧しい家庭の若者を対象とした経済的な徴兵制が実施されている。
  しかし、暗い話題の中で大変喜ばしいことも展開されている。今、国会周辺の戦争法案反対運動の中心を担っているのはSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)である。彼らは「この国の民主主義のあり方と未来について一人びとりが主体的に立ち上がった」と言っている。即ち、政治的無関心と言われた若い世代が動き始め、社会的・国民的な地殻変動がはじまったのである。
  終わりに、今回、私たちはどれだけNO WAR!を政権に向かって叫んでいるであろうか。事なかれ主義からだんまりを決め込んでいるのではないだろうか。キング牧師は、黙っていることは最大の罪であると言った。主イエスは時の権力者であるファリサイ派の律法学者や祭司や祭司長達のあり方を徹底的に批判した。良きサマリヤ人の記事にあるとおりイスラエルや新イスラエル(教会や信徒の人々)だけを隣人としないで私たちは・教会や信徒の枠を超えて社会・国・世界に目を向けて、すべての人々の良きサマリヤ人・善き隣人となろうではないか。今日の半殺しにあっているのは、戦場に駆り出される自衛隊員をはじ私たちの子どもや孫達であり、わたしたち・民衆一人びとりなのだから。

      

      「いと小さき者の喜び」
           
 今日、ダビデの町であなた方のために救い主がお生まれになった。
この方こそ主メシヤである。(ルカ2章11節)
 この喜びの知らせを聞いたのは、ダビデの町の郊外で野宿をしていた羊飼いたちであった。ご存じであろうか。当時彼らが罪人と呼ばれていたことを。彼らの仕事は羊飼いであった。この仕事は羊たちを青草の原に導き、憩いの汀に伴うことであった。しかし当時長老(大土地所有者・時の権力者)たちからすれば彼らは羊と共に移動するとき長老たちの所有地の青草を盗み取る盗人であった。だから長老たちは罪人と断じ羊飼いたちを社会から疎外した。彼らがダビデの町へ行って町の人々に神と人の喜びの知らせを知らせたとき、町の人々が不思議に思ったのは会堂の関係者ではなく社会から疎外された人々からの知らせだったからだ。
 さて、この罪人という言葉は新約聖書では他にどんな言葉で表現されているだろうか。一つは「いと小さき者」という言葉で言い表されている。そしてイエスはこのいと小さき者にしたのはわたしにしたのである。と仰って、社会の中で弱い立場にある子どもや女性をはじめ貧しい人々、病める人々、差別されていた徴税人と共に生き働き彼らに喜びをもたらしてくださった。
 また、新約聖書はいと小さき者を「失われた羊」と表現している。そしてルカ福音書15章にあるとおり社会から疎外された人々を見つけ出して99匹をよりもお前を愛すると断言して自分の家に連れ帰り祝宴を開いて下さったのである。
 日本の憲法97条には個の尊厳が詠われた平和と幸福追求権を含んだ基本的人権が記されている。これは全体よりも個を重んじた父なる神から与えられた基本的人権である日本の現政権はこの基本的人権を重んじていない。個よりも全体を重んじ全体によって個を律する戦前と同じ全体主義の政治がなされている。戦争をしない立憲主義の日本をとりもどそうではないか。

【 泣く人と共に  絵・渡辺総一氏 
礼拝室

〔礼拝〕
  千葉大宮キリスト教会は毎週日曜日の10時30分から行っています。礼拝では新約聖書のローマの信徒への手紙をご一緒に読んでみ言葉に聴き、それに応える礼拝をしています。
 そして、毎週日曜日に教会が発行している週報には、礼拝のメッセージの主要なコメントを掲載しています。この「本日のみことば」は下記の青い文字をクリックしますと、ご覧になれます是非お読み下さい。

            本日のみことば
               (上をクリックするとメッセージの内容を見ることが出来ます。)
             2018年5月20日(日) 
                使徒行伝28章1~31節
                 「全く自由に」


  今まで聖書を読んだことのない方や、聖書や讃美歌をお持ちでない方も是非お越し下さい。聖書と讃美歌はこちらで用意してあります。
 また、点字用の聖書と讃美歌も千葉教会の湯浅夫妻がお贈り下さいましたので用意されています。お目が不自由な方々も是非お出かけ下さい。そして、礼拝の後と聖書に学ぶ会の後には和やかなお茶の会があります。ご参加をご希望の方は、あらかじめ下記の千葉大宮キリスト教会へ御連絡下されば幸いです。

 
      
       新大宮のバス停をはじめ3本、電柱のご案内が出ています


 ページのはじめに戻る
 

【矢澤新一郎牧師の紹介
1941年 東京都中央区八丁堀生まれ。 
1959年 明治大学商学部産業経営学科入学
1963年 同大学卒業、日本聖書神学院入学
1965年 同学院卒業
1965年 4月 ノルウェージャンミショナリーアライアンス教団
      大原北町キリスト教会赴任
1967年 3月 深山惠と結婚
1971年 6月 日本福音教会連合発足
1972年 3月 大原北町キリスト教会辞任
      4月 千葉県教職員組合本部書記局勤務
1997年 3月 千葉県教職員組合本部書記局退職
1998年 4月 東京神学大学3年次編入
2002年 東京神学大学大学院修士課程を修了
       日本基督教団美浜教会へ赴任
2006年 3月 美浜教会辞任
2007年 10月から千葉本町教会担任教師として就任。
      11月から自宅において家庭集会開始
2010年 4月~2011年3月 千葉本町教会大宮集会の礼拝担当
2011年 3月 千葉本町教会辞任(同時に日本基督教団教師退任)
      6月 日本福音教会連合千葉大宮キリスト教会設立。
      牧師として就任し現在に至る。    

はじめに戻る


                  最後の晩餐

                 エマオの途上
            
【 お問い合わせは 】
            下記へご連絡下さい
   電話番号は043-263-5330(FAX兼用)

     Facebook@chibaohmiyach
 尚、この千葉大宮キリスト教会は、よくあなたのご自宅にも個別訪問に来る統一教会やものみの塔・エホバの証人とは関係がありません。プロテスタントの信仰と奉仕に徹した家の教会です。安心 して礼拝へお出掛け下さい。
はじめに戻る
 
<庭の花々>












親友 小田純子さんの書です
今回3月11日から愛妻の惠が千葉県の救急医療センターへ
入院しましたが今回も小田純子さんがお見舞いの意を込め
てこの書を書いて送って下さいました。書は病床のテーブ
ルの上に置かせて頂きました。心から御礼申し上げます。

岡山での夏期聖会の記念写真











先生方大変御世話になりました。
(聖会は岡山の総社市のサンロード吉備路にて8月の4日から6日まで行われました。)
 


原発の被災地・福島から送られた向日葵が見事に咲きましたので夫婦そろって撮ってもらいました

ようこそ千葉大宮キリスト教会のホームページへ!

       あなたは  アクセスカウンター  人目のお客様です。

      
                   
                                    

            

inserted by FC2 system